• HOME
  • CONTACT
  • MAP

女性泌尿器科とは?


膀胱・子宮・直腸等の骨盤臓器が膣口から飛び出て来る骨盤臓器脱(性器脱)や、加齢と共に尿勢減弱、頻尿や尿漏れといった排尿や蓄尿に関連した女性に特有の疾患を対象とした診療分野です。中でも骨盤臓器脱は出産経験のある女性の半数が罹患するとされており、
6%の女性が80歳までに何らかの外科的治療を受けているというデータがあります。 


防衛医大泌尿器科ではこうした症状・疾患で生活の質を落としてしまい、気軽に外出等が出来ずに悩んでおられる女性患者の皆様が受診して頂けるよう、女性泌尿器科外来診療を実施しています。 

女性泌尿器科で専門的に扱っている疾患(骨盤臓器脱)


膀胱・子宮・直腸等が腟口から脱出する状態を骨盤臓器脱と呼びます。
それぞれ、膀胱瘤(膀胱脱)、子宮脱、直腸瘤と呼ばれています(イラスト参照
)。


また、子宮全摘後に腟が裏返しになったように下がることがあり、膣断端脱(膣脱)と呼ばれています。稀ではありますが、子宮と直腸の間の腹膜が脆弱化し小腸が膣壁ごと脱出する小腸瘤が発生することもあります。これらの疾患は、女性骨盤底の構造的弱点が背景にあり、骨盤底筋が緩んでその近くの支持組織と共に損傷を受けることが原因と考えられています。

● 症 状
まず、以下のような自覚症状があります。
◆ 膣部への下垂感、それに伴う不快感
◆ 膣口から脱出した膣壁が下着と接して出血
◆ 排尿困難、排便困難
◆ 過活動膀胱(頻尿と尿意切迫感)
◆ 尿失禁

● 原 因
下記のようなことが挙げられます。
◆ 出産(多産、巨大児出産等)
◆ 加齢
◆ 肥満
◆ 子宮摘除術等の骨盤手術の既往
◆ 喘息等による慢性的な咳
◆ 便秘等による慢性的ないきみ
膀胱瘤
子宮脱
直腸瘤

女性泌尿器科で専門的に扱っている疾患(腹圧性尿失禁)


咳やくしゃみ等、お腹に力が入った時に起こる尿漏れのことを言います(イラスト参照)。
尿意を催してからトイレに行くまでに堪え切れず漏れてしまう切迫性尿失禁とは原因が異なり、尿道のぐらつき(尿道過可動)や尿道括約筋の不具合(内因性括約筋不全)が原因と言われています。腹圧性尿失禁および切迫性尿失禁の両者が混在する混合性尿失禁もあります。


症状が軽いうちは、骨盤底筋体操(治療ページ参照)や服薬により症状が軽快することの方が多いのですが、重症化すると根治には手術が必要となります。

混合性尿失禁の場合には、切迫性尿失禁より腹圧性尿失禁による尿漏れの程度が強い場合手術適応となります。
腹圧性尿失禁の発生機序(American Urogynecologic SocietyのHPより引用)

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

防衛医科大学校病院泌尿器科 女性泌尿器科部門モバイル

お問い合わせはこちら